• ugj78335

4月14日練習日記


14日は、練習前に年一回の団員総会が開催されました。 この総会では、役員(団長、副団長、会計の三役)と、係(広報、総務)等を新年度のメンバーとして選出しました。 新任の方も数名いて、平成31年度の新体制がスタートしました! 総会後の合奏では、スコットランド民謡ファンタジー、ホルストの第1組曲、時代劇絵巻、久石譲作品集2の4曲を練習しました。 特に先生からご指導頂いたのは、アウフタクトの音符の入り方です。 アウフタクトは次の小節に繋がっているわけですから、次の小節までワンフレーズとして捉えなければなりません。 例えば画像はホルストの第1組曲3楽章のアルトクラリネットの楽譜ですが、 この四分音符の入りが遅いと、確実に次の小節が遅くなります。 アウフタクトの音符は重要ですからたっぷりと息を吹き込んで次の小節までワンフレーズつなげなければなりません。 したがって、この四分音符を予め意識して準備した状態で気持ち早めに入るわけです。 そうやって意識することで、遅くならず、かつ小節をまたいでワンフレーズを一つのかたまりとして吹くことが出来るわけです。 今回の練習は、時間の関係で約2時間の練習に留まりましたが、嬉しい事にアルトサックスとトランペットの見学の方が入団して下さいました。 これで今年に入ってから4ヶ月連続して新しい仲間が増えました。 演奏会本番までまだ間に合います。 このブログをご覧になった貴方も私達と一緒に活動しませんか? 


79回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月22日練習日記

コロナ対策をしながらの練習ももうすぐ1年になります。 対策を徹底し感染者を出す事なくここまで来る事が出来ました。 そして高齢者のワクチン接種もスタートし、僅かですが光も見えてきました。 嬉しい事に今週もトロンボーンの見学者さんが2回目の参加くださいました。 フルート以外のパートで団員募集中ですが、特にクラリネット、トランペット、パーカッションは急募です! 少しでも興味がある方、まずは見学にいらして