5月18日練習日記


皆さん、こんにちは!

管理人のIです。

「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山」という和歌があります。

百人一首にもある持統天皇が詠んだ有名なものです。

そんな歌を想像してしまうくらい、過ごしやすい季節になって参りました。

さて、18日の練習には、エキストラの方がたくさん駆けつけて下さいました。

オーボエ1人、ファゴット2人、ホルン2人、トロンボーン3人、パーカッション1人の計9人の方々です。

いずれの方も演奏技術が素晴らしい方ばかり。

特に低音パートが充実すると、練習する曲も引き締まって、各々のプレーヤーも安心して吹く事が出来ます。

そして何と言っても団員にとって、とても良い刺激になります。

練習曲も、細かい部分の仕上げに入ってきました。

エキストラの方のお力を借りながら、良い演奏会にしたいです!

今日のワンポイント!

「タイで小節をまたぐ時は、息を多めに吹き込みタイで繋がれている音符(後半)が短くならないようにする!」


閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は猛暑の中、5名の見学者さんが参加してくれました。 「ブランクがあるけど楽器を吹きたい」という人が集まってできたJBウインドバンドですが、今ではブランクある人だけでなく、年齢も幅広く色々な団員が在籍しています。 私のように30年近いブランクがある人から、ずーっと楽器演奏を続けてきた人も。 当団では仲間になってくれる人を大募集中です。 いつかやりたいな、と思ってる方。 いつかではなく今やりましょ