5月5日練習日記

May 5, 2019

5月5日の練習日記です。

出席者は団員14名、お手伝いの方4名の計18名での練習でした。

連休中と言うことで、参加者が少なくて残念でした。

練習の最初の曲である「錨を上げて」では、細かい部分の練習を行いました。

中でもフルートセクションのアンサンブルは秀逸でした。

完成度が高く、思わず他の団員から拍手が起きました。

特に楽団きっての努力家であるTさんは、本当に一生懸命練習しているのがわかります。

やはり、日頃の努力の成果が出るものなんですね~

ホルストの第一組曲では、先生からタンギングを合わせるようご指導いただきました。

個人個人が思い思いにタンギングしていては、当然合奏では合わなくなります。

シングルで吹くべきなのか?ダブルで吹くべきなのか?パートの中で統一しましょう!

最後に、今日のワンポイント!「音量は小さくてもテンションは保つ!」

ppが出てくると、どうしても息の量まで小さくなりがちです。

息はしっかり入れて、テンションは保ちつつ、息圧でコントロールするということです。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ