• 2016jb

9月28日練習日記

更新日:2020年3月4日


日本中がラグビー日本代表の奇跡的な勝利で熱狂する中、9月28日の練習日記は元ラグビーフットボール部出身という当団では異色の経歴を持つ管理人Iが担当致します。

まず、大変嬉しい報告があります。

トロンボーンとクラリネットに新しい仲間が加わりました。

また、チューバにも新たな見学の方がお見えになり、とても充実した練習となりました。

練習は、定番のマーチからスタート!

士官候補生は、特にトリオの部分の吹き方で指揮者の先生からトリオはppとpしかないので、最初のpを小さく入りすぎると後半のppとの差がわからなくなるのでpは小さすぎずに入るよう指導されました。

そして今練習で使っている楽譜、なんでも原曲版だとか!

調性は、Des durからGes durに転調されています。

皆さんがよくご存じの楽譜は、カード大サイズの小さな楽譜というのが、大半じゃないでしょうか?

これは、B durからEs durへの転調だったような...

そう考えると、原曲の調性に違和感を感じたのは、果たして私だけでしょうか?

その他の曲は、オリンピック・マーチ、スポーツショー行進曲、ジャパニーズ・グラフィティー IV ~弾 厚作 作品集、ジャパニーズ・グラフィティーV 日本レコード大賞、栄光の昭和50年代、ジャパニーズ・グラフィティIX いい日旅立ち、美女と野獣、ローエングリン第三幕への前奏曲、山田耕作メドレー、吹奏楽のための日本の四季「秋」、吹奏楽のための日本の四季「冬」の計11曲でした。

さて、今日の画像ですが、休憩中の団員の姿をパチリ!

休憩中でもさらっている若手団員の貪欲さに脱帽!

最後に、本日のワンポイント!

曲の中で、出来ない箇所が出てきたら、まずその箇所(音)を吹けるようにしてから、その小節を、さらに1小節前から、2小節前から、3小節前からと遡り、フレーズとして吹けるようにする。


閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は猛暑の中、5名の見学者さんが参加してくれました。 「ブランクがあるけど楽器を吹きたい」という人が集まってできたJBウインドバンドですが、今ではブランクある人だけでなく、年齢も幅広く色々な団員が在籍しています。 私のように30年近いブランクがある人から、ずーっと楽器演奏を続けてきた人も。 当団では仲間になってくれる人を大募集中です。 いつかやりたいな、と思ってる方。 いつかではなく今やりましょ